絵を描くことは寺床まり子にとってライフワークであり,过去现在そして未来へと绝え间なく続く営みだ。幼少期から絵画に亲しみ,今日までその道から视线を外さずに今日の立ち位置まで歩んできた。三重県に生まれ,名古屋造形短期大学で洋画を専攻。「多くの素晴らしい画家や先生に出会う过程で,その影响が自分を作家として育ててくれた」と语る。

寺床の洗练された抽象画は,日本のみならず世界の美术界でも高い评価を得ている。自由美术协会に所属しつつ,これまでに埼玉県立近代美术馆,东京のギャラリーや,ソウル·Kepco公司アートセンターなどで个展を开催し,2022年11月にはニューヨークの工件での个展开催も决定している。また,グループ展参加も多数,米国での発表にアジアのアートフェア参加と精力的な活动を缲り広げる。

作品のテーマを「记忆の色」と说明するように,彼女の絵画は,観る者に人生の心温まる瞬间を思い起こさせる。水,山,空,植物などの自然の色や街の色を,美しい色彩の重なりを巧みに用いて表现していく。それは彼女の个人的な记忆でありながらも,鉴赏者をも,美しいデジャブのような「记忆の风景」に诱い込み魅了する。

アーティスト详细はこちらから

天空的蔚蓝,内存
194 X194厘米

蓝色
60.6 X60.6厘米
绿色
80.3 X80.3厘米
天空的浅绿色,内存
41.5 X41.5厘米
黄色
60.6 X60.6厘米
一块存储器橙色的
36.5 X36.5厘米
暂时没有评论

发表评论

您的电子邮件地址不会被公开。

raybet竞猜