月曜日, 3月 15, 2021
标签 雷竞技官网网站

标签:雷竞技官网网站

ベッドサイドにもアートを——注目したい立体作品たち-

家のどこにアートをかかか,それはもちろんひとの自己だが,例えばベッドサイドに置いてはどうどうだろかかサイドボードの人とかばばばやのといえいえややライトライトや水水やばやライト水,もしくはの本が多いかもしれないが,その寝る时尚起きる时に目に付く场所にを置いみるのも生命の刺激なりなりしないだろうになりまでしない。?atsushi kaneoya作物の详细はこちらから日暮勇一/ yuichi hugure作品の详细こちらから南京/ yu namura作品家の详细はから·デブラ/ celia debras作家の详细はこちら小仓真Shin Ogura作品の详细はこちら山本恵海/兆米Yamamoto作品の详细はこちらからsaeka小松作家の详细こちらから

现代アメリカのアートの流れを覗く - アメリカン·アーティスト特集 -

アメリカのアートもしくはアーティストと言えば,何,また誰が思い浮かぶだろうか吗?8月はアメリカン・アーティスト鑑賞月だそうで,新しくアメリカ出身/拠点のアーティストを発見するのには持ってこいのタイミングだ。第二次世界大戦後,それまで地球規模での影響力を誇ったヨーロッパの国々は力を保持できず,代わりにアメリカが台頭した。これは政治や金融だけでなく,芸術においても同様であり,アメリカ文化が以前にも増して宣伝され,輸出されるようになった。特に,ポップやミニマリズムなどの芸術運動は,現代美術の行方に多大な影響を与えた。ロイ・リキテンスタイン,アンディ・ウォーホル,ジャン・ミッシェル・バスキア,ドナルド・ジャッド,フランク・ステラ……と,その名前を連ねるのはいとも容易い。私たちが現在知る形のアートを楽しめるのも彼らのおかげである。アメリカの政治的なイメージは,アメリカ人でない私たちにとっては決して崇高なものではないかも知れないし,そして現大統領が懐かしむほどにグレートではないかも知れない。しかし,幸いなことに,芸術の創造性を楽しむのに世情は関係ない。我々は,希望と夢の国から届けられる輝かしいアートと共に,幸せな現実逃避の航海へ漕ぎ出すとしよう。Brian Schorn a.c.d Seth King Lawrence Lee Edward Burden Cash - Cooper Sandra Mack-Valencia Carl Goss Clint Imboden

自宅にアート〜お洒落な饰り方简単ガイド〜

アートは空间に命を吹き込む映画馆を出出现実に戻って来偶尔时髦,もしくは休暇から帰っきたた爽快感覚えているうか?自我にオリジナルの作品をのもそれらと同様の效果があり,つまりはマンネリ化た退屈退屈开放し,活気を充填充填てくれるのだ。突然突然环境が整って突入したことががてていことに気付いた読者もいであろであろであろであろであろであろであろに食事,またリラックスも全てこなすはは未整の,我们の「新基地「をアップグレードのも适う适う意は持って知れぬこいなアートのである印刷さてたこいアートアートもし持っているなら,代わりにオリジナル,原画のをし最原画ゼロはのだ。なぜ原画原画はの。映画映画俳优のような其々の个性やカリスマ性がが细部细部にははははははが记录され,例えば例えばであれば记录れ,例えば例えばであれ,絵絵ののに,また色の相互感情にに笔致がが的的ががつまりつまり原画には今もきのが难しが宿るのだきのが难しそうははきのが难し选びはははのが难し选びははは语が难し选びははは语原画を语っ语っははき原画原画に语っ语ってつまり原画原画原画に语っつまり语き语语语をつまり语き语语语つまりき原画もつまり选ぶ选ぶ选ぶ原画の3ステップステップ先ず,部屋の目的をを考えることからからからからからルームのの氛囲気氛囲気「氛囲気氛囲気ルーム。この目的别の氛囲気ゴール北极星の様にインテリアとのの方を案内してくれるくれる第に,スタイルにくれるのも不可思议。分享到だ。分享到だ。分享到言うだ。·ミレーミレーの「落穂拾い落穂拾いものソファが置かれれたルームとはとはとはとはとはとはとはとはとはとはとはとはルームルームとはががわわのソファソファががわわののソファソファががわわのソファソファががわわのルームソファソファががわないのソファソファががわないののソファソファががわわないにににスタイルががわないのにににががないない代わりにににがとはとはない代わりにににがが代わり代わり代わりににスタイルがが代わり代わりにににががが代わり代わりにににががが代わり代わりににににがが代わりとは代わりににスタイルがががとはないルームルームスタイルされれたないににもスタイリッシュなものを选ぶのは言うまでももののステップステップはないののステップははコーディネーションコーディネーション闻こえるかも知れない难し难しそうに闻こえるかも知れない,気构え気构えの必要はなくがをそうに必要はなくををのの様な质问ををすれの様な质问质问をすればすぐなににほぐせる。「お気に入りのラグやカーテンにソファの色,あるいは床の色は?」「存在感が强いのはどの色?」等。そして,答えは「一贯性」であっさり解决。色のペアリングを意识するだけで,简单にまとまって见えるようになる。ここで,もう一つ例挙げてさらいおさらいしてみみておの部屋はははルームお写真部屋ははググルームだ氛囲気のリビングルームルームルームだだ氛囲気のリビングルームルームルームだ氛囲気氛囲気のリビンルームルームルームスタイルは氛囲気部屋リビングルームおははは部屋リビンルームルームははははののののののののののののの素材のの素材から判断判断するするする③から判断する③の结合は,いくつかの色が见当りそうに见える见えるにそうににと部屋は,青みがかったが主主は,青みがかったが主主なり,クッションの黄色,,木の素材素材の茶色素材素材のの系がっ系がっている散漫散漫に部屋部屋もも部屋部屋もも部屋よく部屋てかえってがよく取れてているのがよく取れ取れてているよくよく部屋ててて部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋部屋ある。ひとつ一切の作品は个性,役者の様に,所持者のキャラクターを表现ものだ。先に挙げたでは,リビングの軽快なはからオーナーな人柄ができるオーナーの。自我に合成作品はば自我とピンとるなので,ここでは理解より,心を自由して直感探してもらいたい例えば私なら,大声,�ず,こう言うと函件られないが,アートを加入ことで,限制れた空间を视覚に拡的的的する的ことができることができることができることができる由,はは,目の错覚に。空间に平行线を加えることで、広がりを感じることができるのだ。ソファの上など、横に開いた空間には横長の長方形の作品、廊下のような狭い空間には、縦長のものを吊るしてみるのがオススメだ。この行き止まり小路の様なダイニングルームは、タペストリーが無ければ窮屈に見えてしまう所を、縦ラインの強調で奥行きを演出している。(ちなみに、これもまたカラー・コーディネーションの好例なので参考まで。) 色も空間認識に一役買い、淡い色合いや風景のアートワークは、一般的に拡張効果を後押しする。一方で、濃く又は鮮やかな色合いは目の注意を集中させる。 例えば、小さな寝室にシンプルな色配分の風景画を置くと途端に、深呼吸したくなる様なスペースの広がりを感じるだろう。 どこで探すのか? 我々は実に便利な時代に生きている。アートギャラリーを訪れるのは敷居が高く感じる場合でも、オンラインのマーケットプレイスがあるので心配無用。一般的に、価格やスタイルの範囲は従来のギャラリーよりも広範囲に渡り、便利なフィルターやキーワード検索で自由に閲覧できる。探せます。TRiCERA.NETもその一つで、東京を拠点に、若手からベテランまであらゆるステージのアーティストを世界各国から紹介している。アート業界のデジタル化が進む恩恵で、新たなお気に入りのアートを発掘するのは未だかつてなく身近となった。 ArtClipでは、趣味コレクターであり、自身もアーティストであるアメリカ人顧客とのインタビュー記事も掲載の予定だ。彼女のTRiCERAでのショッピング体験や、自宅にアートを購入する理由、どうやって選ぶのか等が紹介されているので、興味のある方々はニュースレターの購読をどうぞお忘れなく。

富士山と絵画のの月关节

 現在の静岡県と山梨県の間に聳える世界遺産「富士山」。  日本一の高さを誇るこの山は古来より、神仙が宿る山として崇められていた。それは、日本一の山であると同時に、圧倒的に美しい稜線を誇っているからに他ならない。また一方で、噴煙を上げる火の山として畏怖の念を抱かせる存在だったことも一つの要因だろう。  さて、周知の通り富士山は日本画でも人気の題材であった。しかし、現在でもただの自然の一部ではなく、一つの山に宗教性、芸術性を見出してきた日本人の自然観や文化観は衰えていないようだ。本記事では富士山を描くアーティストを紹介する。 中島健太/Kenta Nakajima 作家の詳細はこちらから やまゆりの/Yurino Yama 作家の詳細はこちらから 麻生彩花/Ayaka Aso 作家の詳細はこちらから YUKIMI 作家の詳細はこちらから 高橋浩規/Hiroki Takahashi 作家の詳細はこちらから 松崎大輔/Daisuke Kawai 作家の詳細はこちらから 河合眞平/Shinpei Kawai 作家の詳細はこちらから deTaka 作家の詳細はこちらから  同一のモチーフでいえば、富士山以上長い間繰り返し描かれたものはないのではないだろうか。しかし、それでも飽きがこないのは日本画誇る美しき霊峰とアーティストのなせる業なのだろう。

現象とイマジネーションの間を巡って——アート・フォト特集-

絵画とは違い,実際にあるモノ・コトに準拠する写真の表現は,被写体の制限を少なからず受けるところが特徴であり,かつその作家のイメジネーションだけでは完結しないからこその面白味がある。被写体に当たる光の量、空気の状態,被写体に向き合うアングルや距離,もしくは被写体それ自体など,写真を自らのメディアにする作家が,現象世界を前提しながら,その作品のどこに工夫を凝らしたのか,どこに自らの精神を反映させたのかについて思いを馳せながら鑑賞することも一興だ。福嶋幸平/浩平表示福岛作家の詳細はこちらから圭佑UCHDA作家の詳細はこちらからATZSHI HIRATZKA作家の詳細はこちらから梅川良満/ Yoshimitsu Umekawa作家の詳細についてはこちらから松元康明/ Yasuaki松本作家の詳細はこちらから加藤友美子/由美子Kamoto作家の詳細はこちらから良知慎也/ Shinya Rachi作家の詳細はこちらから詹ヘッケルマン/詹。Heckelmann作家の詳細はこちらから

ポケモンと似ている吗?−ペーパーアート・ストーリーPart3完-

解は,どちらも進化する,と。この記事は,ペーパーアートのシリーズの最終章(現時点で)であり,まずパート1、2点をおさらいしてから,その進化について見るとしよう。あるいは,リンク先に飛んでみると更に面白いであろう。パート1 -我々が子供の頃には知っていて遊んでいたはずの紙が持つ魅力も,“大人になる”過程で忘れ,つまらない物体と変わってしまう。しかし”紙はアートを内包するメディアムであるだけでなく,創造性の魔法を唱える素材そのものとなりうる”ことを教えてくれる紙作家らによってその魅力を再発見できる。パート2 - 4000年以上に及ぶ人間と紙との関係への追憶は,ペーパーレス時代になっても一夜にして消えるものではない。厚さ1ミリにも満たない紙は,その発展とともに信じられないほどの芸術性を宿してきた。紙は植物に由来し,生物学的なエネルギーを持つ。この有機的エネルギーこそが“芸術家と芸術を,芸術と私たちを結ぶ触媒として繋いでいる”のだ。今回は,ペーパーアートのまた違った一面が見るとしよう。その進化は,想像力を超えて成長するポケモンのように,我々を驚かせるやもしれぬ。しかし,アートを愛する私たちとしては“目指せ〇〇マスター!“とつい興奮に背を押される。進化タイプ1”ニョロボン”原点を忘れないおたまじゃくしのようなポケモン,ニョロモを捕まえたときは,緑色のカエルのような姿に進化すると確信していたものだ。しかし,最終形態であるニョロボンは青くて渦巻きを腹につけたままで,要するにオタマジャクシのままだった。同様にペーパーアートの中にも,その起源に強く忠実で,紙の原始的な存在感を声高にするものがある。オランダのグラフィックデザイナーであり,庭の設計士でもあるStuidoMieは,“文书工作”と呼ばれるシリーズを制作している。その名の通りに,実質的に紙片と紙のみで作られる単純さにも関わらず,その見事な芸術性の進化は見る者を打ちのめす力がある。 抽象とミニマリズムのDNAから進化したと見える彼女の作品は、変貌の小さいニョロモ–ニョロボンの系譜に感じた「要素を徹底的に削ぎ落とした中にこそインパクトがあるのではないか」という問いかけを鑑賞者に残す。彼女の作品はアートの既成概念的な構造や美学にジャブを入れるようである。ミニマリスティック・アートの巨匠フランク・ステラは「目に見たものを見たままに(理解せよ)」と言うが、私は彼女の作品を庭の設計士的、自然環境的な側面から解釈せずにはいられない。(そして彼女の作品を見ているとなぜか、アメリカの前衛作曲家ジョン・ケージの音楽が耳に聞こえてくる。) もし一度でも迷路庭園に足を踏み入れたことがあれば、パターンを認識しようとしている間に、形や影に目が錯乱される事に気付いたであろう。また、植物を育てていると、その成長や天候の変化をいくら分析しても、予測できない事態に遭遇する。StudioMieの作品では、構造的に配置された紙片が生み出す不確かな影と、人工的迷路から自然森の中に迷い込む様な予測困難さを体験できる。彼女は、コロナウイルスのロックダウン中に「パターンやシステムが予期せず不安定になるとどうなるのだろうか?システムは回復するのか、変身するのか、それとも衰退するのか?」と自問し、それをPW024 / faltering patternのシンプルながら力強い作品に昇華させることに成功している。 進化タイプ2 「ギャラドス」 バリバリの肉体改造 2種類目は、無力に跳ね回るコイキングから空飛ぶ水竜、ギャラドスへの劇的なジャンプをみる様に、大村洋二朗の作品も、同じDNA(この場合は紙)からどうやって進化したのか頭をひねらされる。生命力に溢れる彼の作品だが、信じられないことに、彼の彫刻の才無くしてはただの紙切れなのだ。サイケデリックな色のトカゲは今にも獲物を捕らえんばかりの勢いで、六枚羽根のトンボは星散りばむ銀河へと舞い立つ。数々の賞を受賞した彼の想像力と技術によって、それらは驚異のペーパーアート変種へと成長を遂げた。 もちろん、古典的なキャタピーからバタフリーのような進化タイプもあるが、この広大で多種多様なアート界であなたのお気に入りを見つけて集める楽しさを、あえて奪いたくはない。自分なりの図鑑完成、〇〇マスターを是非目指して頂きたい所だ。 更なる楽しい発見のためにも、ArtClipニュースレターの購読をお忘れなく!

絵画になったペットたち

 かつて食料や道具程度のものでしかなかった動物。今や、毎日人間は癒しを与えられている。  アニマルセラピーという日本語英語が存在する。動物との触れあいを通じて、内在するストレスを軽減させるなどして、精神的な健康の回復を図ることをいう。学術的なエビデンスは少ないものの、現代日本のようなペット大国に生きる人間であれば、動物との触れ合いがもたらすポジティブな効果の有無について、疑いの余地はないだろう。  興味深いのが、他人の飼育するペットを動画サイトやSNSを通じて観る者の多さだ。SNSのタイムラインで画像を見かけない日の方がもはや珍しくなり、動画の企画ジャンルになるまでに確立し、TVでもキラーコンテンツ化したネコ。1匹のネコの起伏もない動画を何時間も画面にかじりついてに見ている人間がいるのはエンタメ性というより、むしろ癒しを求めてではないだろうか。状況だけ見れば、どうやら人間はバーチャルの動物であっても、アニマルセラピーが成立するようだ。  本記事ではアートの始まりといわれるラスコーやアルタミラ洞窟壁画にも描かれた動物とアートの関係を探る。 インガ・マカロヴァ/Inga Makarova  マカロヴァは典型的な愛玩動物であるイヌ、ネコから、ハチといった危険な虫、カメレオンのようなエキゾチックアニマルまで、様々な動物を手がけるアーティストである。それぞれの生物学的特徴を捉えた上で、人間のカルチャーとの共通項を抽出するのを得意とし、単なる動物の描写で終わらない現代アート的な側面が大いに感じられる。  モチーフとしている動物はマカロヴァが思い入れがあるからなのか、イヌがよく描かれている。色調はビビットで毒々しい画面ではあるが、彼女のイヌに対する愛情があらわれているのか、小さい身体がどことなく愛らしい。 作家の詳細はこちらから 九里藍人/Airi Kumori  九里もまた動物に対する深い洞察を身につけているアーティストである。  しかしマカロヴァの動物に対する愛玩的な視線に加え、彼の頭の中では動物のフォルムの解体が行われいるからか、抽象度はさらに上がる。  複雑な幾何的線描と単純化したモチーフ、静止と動的なイメージといった二項対立を巧みに駆使し、動物や動物を元にした神的な存在を描く。日本人の日常で出会うさまざまな動物は、時にキャッチーに時に恐怖を掻き立てるように変換され、それぞれの動物の特性を誇張して描かれる。  また特筆すべきは通常意識がないとされる動物を人間のように明確な意識を持った存在として扱うことによって、ある種のキャラクター化を図っているところである。西洋にも動物のキャラクター化は見られるが、そういった点でも日本人ならではの誇張された表情表現、のびのびとした闊達な筆遣いは鳥獣戯画を彷彿とさせる。 作家の詳細はこちらから 樋爪悠子/Yuko Hizume  上記の二人とはまた異なったアプローチで動物を描くアーティストもいる。樋爪はその一人だ。  樋爪は和洋の古典的なファッションに身を纏った知的で野性的な強い女性の美しさを描く。その脇に普段我々が直接的に見かけることの少ない動物達、トラ、ツル、ウーパールーパー等が共存している。この画風は、母と動物達への感謝の思いからであるという。  モチーフの女性はどちらも凛とした佇まいでその精神的強度が画面を隔てている我々にまで迫ってくる。そしてその精神性が我々に伝わる媒介として機能しているのが動物である。虎であればさらなる迫力を、トカゲであればフェミニンで奔放な印象を加速させる。  樋爪の作品を見れば、自然人間と動物のイメージの共有が図られ、改めてその二物の関係が鑑賞者の頭の中で再認識・再考されるだろう。 作家の詳細はこちらから  空前のペットブームによって、家庭などで飼育されているペットの数は2003年に1900万頭を超え、なんと15歳以下の子どもの数を上回った。食料や道具を超え、さらに有機的に人間の社会に組み込まれていく動物との付き合い方の答えは案外アートに潜んでいるのかもしれない。

肖像画に写る会のの

個人的かつ感情的に捉えるすゝめ美術館でコレクションを散策しているとしよう。あなたは良くある肖像画コーナーをじっくり見るタイプ,それとも筆者のように早足に通過するタイプだろうか。このエリアは,私にはどうも居心地が悪くて仕方ない。なぜなら壁一面のポートレートは,無邪気な悪さの故に何時間も叱られていた校長室の壁を思い出させるのだ。それでも中には,苦い思い出に負けずに私を魅了してやまない作品らも決まってあり,それらのモデルや作家の時代を超えた語り口,無視できぬ存在感についつい足を止めてしまう。庶民の肖像にことさら興味深いドラマを感じるのは私だけでは無いようだ。例えば,オランダ黄金時代の画家ヨハネス・フェルメールの傑作“真珠の耳飾りの少女”は,トレイシー・シュヴァリエに500年万部以上売り上げ,映画化までされた同名小説を書かせるきっかけとなった。マウント・ラシュモアに彫られたアメリカ大統領の顔は精悍だが近付き難いように,どんなに美しく描かれていても,典型的な特権階級の面々に魅了されることはやや稀でなかろうか。良いポートレートはそのモデルと画家そして鑑賞者との不思議な三角関係に誘い込む力があって然るべき。我々もそこに愛着を感じることを恐れる必要はない。シュヴァリエの執筆も長年越しの関係があってこそだ。TRiCERAに掲載されている今日の肖像画の中には,庶民,特に歪んだ社会的次元の住民が描かれているものがある。その歪んだ次元に飛び込む準備は良いだろうか。“シートベルトをお締めください。大変プライベートで感情的なフライトとなるでしょう。」 「作品が叫び声となる事を願う」- James Earley イギリス出身のジェームズ・アーリーは、今最も期待されているハイパーリアリズムの画家であり、ロンドン・ビエンナーレ2019では一等賞を受賞している。 彼は 「ホームレスやメンタルヘルス、戦争などの問題への意識を高めるため」に、問題を抱えた人物を表現することが多いと言う。意外にも、彼の型破りなモデル達は悲哀や疲弊というネガティブさよりも遥かに、人情味や平穏と言ったポジティブな印象を湛える。 いわゆる 「一般人 」に届く叫びは、この 「不幸な彼ら」と我々の間に何ら違いがないということだ。隠したい人生の悩みは誰にでもある。 だが、彼らの場合はそれを覆う社会的な衣装を持たないせいで露呈しているだけだ。 視線を集めるこの男性の足裏は、まさに我々が必死に覆い隠している人生の苦労や汚れを象徴する様で、それを露わにされた気まずさを鑑賞者に呼び起こす。 アーリーの絵に感じるこの気まずい感覚は私も身に覚えがあり、それが強い愛着を抱く理由でもある。2015年に、世界で最も住みよい街として知られるカナダのバンクーバーに越して来た時、通りに飽和状態のホームレスの姿は私には衝撃的だった。なんせ、観光客で日夜賑わう通りのわずか1ブロック先は最大のホームレス街なのだから。彼らに囲まれて暮らし、直接的な害を被ることはなかったが、間接的ダメージは大きかった。彼らの中には同年代の若い男女も多く、その横を通り過ぎる度に胸が痛んで止まないのである。 ささやかな貯金とアルバイトの給料から家賃、食費、高額な授業料を支払い、私のダウンタウンでの生活は日に日に苦しくなっていく。かろうじて家計をやりくりしていたそんな時、同い年のカナディアンの友人が秘密の過去を教えてくれた。彼女は、私と同じ境遇にいたのだが転落し、数ヶ月間ホームレスとなりその後シェルターに滞在した経験があると言うのだ。傍目にはキレイで陽気な彼女も、それを偽装の下に見事に隠していたのである。その日を境にホームレスは他人の問題ではなくなった。下手すれば自分も…この悟りと恐怖は原動力ともなったが、最終的にはダウンタウンを出るきっかけとなった。 悲惨な現実から逃避して何年か経ったある日、モントリオールから来たジャン・マークというホームレスの男性から、あの店でこれを買ってきてくれと頼まれた。いつもは小銭をせびられるだけなのだが、彼は人当たりがよく年齢も同じくらいだったので、つい彼の頼みを引き受けた。その後一緒に数ブロック歩く間、彼は自分の身の上話を嬉しそうに教えてくれた。数日後の夜、通りで彼に再会し少しおしゃべりしたりもした。彼のために大した援助はできなかったが、今でもたまに元気にしているか気にかける日がある。 そんな私は、アーリーの親密なポートレートの中に、ジャン・マークの照れ笑いを見かけた気がして涙を流してしまったのだ。この作家には、共感と思いやりに満ちた心だけでなく、彼らの悲しみを共有し、それを耐えうる強さがあるに違いないと察する。この絵に見られるような本物の笑顔を引き出せるのは慈善事業ではなく、彼の偽りのない人となりなのだ。アーリーは、現実には瞬間的な喜びを芸術として永久化し、見過ごされている人生に光を灯す。 社会の歪みを反映したポートレートはこれだけでない。 若い世代では、「(他人と同じく)ユニークであれ」というプレッシャーがますます高まる。生来内在する個性の尊さと、社会的に支持された人気ある個性との狭間で、彼らは自己を見つけるのに格闘しているのだ。ラファ・マタは、この矛盾を芸術と言葉で的確に指摘している。 曾超は、現代中国社会におけるイデオロギーの対立を人物肖像として描く。一方のグループは中国社会主義の影響を受け、もう一方は中国の古代哲学である道教の影響があると言う。彼はこの人物に社会主義の象徴的な服装を纏わせ、頭を彼の道教由来のモチーフ「仮山石」で置き換える。油絵の具を使ったダイナミックな筆致のコントラストには驚嘆だ。 鏡に映る像は自分自身なのか、それとも他人から見た像なのか。見えるものの不確かさを問うことが、清水伶のテーマである。彼は、「私たちは他者が示すイメージによって自分自身を理解し、定義している。よって他者は私たちの鏡である」と言う。この自画像は、多様な社会の鏡に見られる様々な自分の姿をモザイクとして人物化したものなのだ。 肖像画が表現する所は、例えば風景画のように理解し易いものとは違うかも知れない。しかし、その曖昧さの故に、行間を読む自由な鑑賞方法もある。鑑賞者として何を感じるのか。画家はモデルをどのように解釈したのか。そして、モデルの目には何が映っているのか。個人的、感情的な見解からポートレートを楽しむのも良い。 私の同僚は、肖像画についての別の記事を書いている。「人はなぜ顔を描くのか?」 彼は他にも多くの作品を技術的な視点より分析する。ご興味のある方々については是非ArtClipのニュースレターの購読をお忘れなく。

人はなぜ颜を描くかかかかかかかか。

肖像とは,特点の人间の外交観をを描写たたものであるである写真雕刻などなアウトプットの仕のうち絵画によるを,特价ポートレート呼ぶ呼ぶ近世においては王侯贵族の描い侯「「」「」という絵画ジャンルもあったが,けれどもカメラの台头によって写実絵画衰退し,今では美术馆でようなもたたたアンディーアンディーアンディーアンディーアンディーマリリン·モンロー颜アンディー描い·た作品があるに,人(実际にいるいないは别としとしてとしとしにするはてないないないないないない。坪山斉/ tsuboyamahitoshi坪山の肖像画シリーズ“联合肖像”には,一切で异质感や不安感感を掻き立てミニマルアート等のモダニズムモダニズムに强いインスピレーションをながらも,もも,独自行空间概念を轴轴色面による新闻な表现を模索している坪山はその涂りの美丽さに定评が识别识别が识别识别识别するいう识别识别のするテーマいうしおりのや问いかけをテーマにしておりおりおりをテーマしておりおりおりおりテーマにのておりおりおりおりのののて(の)なのかもしれない。颜面を等高线のに区切り区切り,美しい色面で涂り様,肖像の容姿とについてについてはに何かを投げかける投げかける作に何かを投げかけるチャニーチャニー何绍介こちらからチャニー·リー/常熟李 リーの描く肖像もまた既視感のない作品である。モチーフとしては若い女性を一貫して選び、中世とファンタジックな世界が混合されたような画面を描く。  リーの作品はポートレートの名を冠しながらも、自身の内面的世界の表出を図った進歩的な作品であるといえるだろう。 作品の紹介はこちらから アントニオ・サラス・カブレラ/Antonio Salas Cabrera  既存のイメージを再構成する手法によって作品制作を行うアントニオ。既存のイメージをPCに取り込み、トリミングや色彩の変更などを経て出力されるイメージよく知る既存のモデルとはまた異なった表情を見せる。  アントニオの作品のモデルは、それもまた作品であり、その作品にはモデルとなった人物がいることから二重の透過を経た上で、我々は元の人物を見ているといえるだろう。しかし、二重の解釈は無意識下で中抜きされているのにもかかわらず、我々の意識は尚も直接的にモデルの姿を捉えていることを自覚する。シミュレーショニズムに通底する手法を以て、アントニオは認識について一つの解釈を与えているのだ。 作品の紹介はこちらから エージェントX/Agent X  アメリカンコミックなど既存のイメージに依拠しつつも、マルチメディアなコラージュを施すことによって独特の存在感を放つエージェントX。彼の実験的な作品の多くは、人物の多くは人間であるものの、そのアウトプットの多彩さには驚くばかりだ。  未来派の美学と哲学、ダダ運動の社会的批評、ポップアートからスーパーフラットまでの現代芸術運動の間のユニークな交差の中で描かれる <>シリーズは16世紀のアーティスト、アルチンボルドのコラージュ的な人物描写を思わせる。しかし、そこに現代的な発想とデジタル世代ならではの技法が掛け合わさることで作品として調和がとれつつも、我々は混沌とした倒錯感を感じるだろう。 作品の詳細はこちら A.C.D.  直線を多用する画面からキュビズムを思わせるが、抽象の手法はA.C.D.独特であり、硬質的な印象を鑑賞者に与えつつも、彩度の高い彩りのある画面からは温かみが感じられる。  特に《Le Grand Prince》は顔の造形が単純な線分により的確に表現され、近代の顔面表現が為されている。 作品の詳細はこちら  画家とモデルの間のドラマが顕れやすいことなど他の分野とはまた異なった味があることから、肖像画はある種、玄人好みする分野である。しかし、誰しもが肖像を量産する時代に在って、あえて肖像画という手段で顔を描くのは人間の顔とアイデンティティは密接であると同時に、不安定な関係であるという証左であろう。

指先と紙,そしてアーティスト。-ペーパーアート・ストーリー part 2-

作品の详细はこちらからアート素材としての纸のユニークさを说明したペーパーアートのシリーズ部分1を未読の方は,ぜひこちらからご一読あれ。纸と人类の蜜月关系今回は少々の雑学から始めるとしよう。考古学の研究によると,纸は纪元前100年顷の中国で発明され,以后は文明の片棒を担いながら発展してきた。「纸」という言葉の语源は,エジプト文明で使われた厚纸状の笔记媒体「パピルス」にあり,起源はなんと纪元前2560年〜2550年までさかのぼる2020年现在,デジタル技术の隆盛により私たちの纸に対する爱着は薄れている。とは言え,それでも一夜にして纸文化が消灭することはありえない。例えば,メールやLINEに放大で全てが済む时代でも,年贺状や结婚式,诞生日などの机会には未だに手纸を出すし,軽くて薄いタブレットひとつに何百册もの本が入れども未だに,重くてかさばる纸の本を买う人も多い。时代遅れにも思えるこの素材と私たちを结びつけるのは,人类として记忆に刷り込まれたアナログさ,つまり纸への郷愁なのだ。いくら世情が変わろうとも,4,000年以上にわたる人と纸との蜜月关系は,今もなお世界中で続く。笔者が滞在しているフランス,全国で年に数回开催される骨董市は大変な人気なのだが,特に人の兴味をそそっている品は数十年前に书かれた手纸であったりもする。美しく手书きされたはがきや手纸は黄ばんでいるが,そこに记された心情は今も生々しい。インクのにじみや笔迹に,书き手の迷いや兴奋が色あせる事なく见られる。作品の详细はこちらから薄くても丈夫な和纸は,笔と墨に适合し発展してきた。その美しい风合いから,和明かりや障子など,家具にも使われるのはご存知の通り。古くには,神道のお供え物の包装材として使われた事に始まり,仪礼折として,折り方や折り目の知识が高位の武家教育の一环となっていく。江戸时代になり,今日私たちの知る「折り纸」游びとして一般に広まった。若辈の私も日本で育った身,书道を嗜み,折り纸を作り,纸飞行机を飞ばし友人と游ぶ中で,常に日本の上质な纸に惯れ亲しんできた。作品の详细はこちらからさて,アートにおいて,「アナログ」媒体である「纸」はいかに重要なのだろうか?インドを拠点に活动するビジュアル·アーティスト,萨拉萨乐乐は,ハンドカットによる切り絵を通して物语を纺ぐ「。特lepathy」と言う作品には诗が添えられ,彼女は「エネルギー网は目に见えない线を通り......,二つの心をつなぐ...,私のこと想ってくれていたの?実は私もあなたの事を考えていた所なの。」とささやく。なるほど,私たちの脳をつなぐのは,目に见える电力ケーブルという现代的なエネルギーだけでないのだと,改めて他人とのつながり方を考え直させられる。私たちが思考を表现する営みは,凧や鸟を空の流れに解き放つ様。この流れが,私たちの头の中にある风车や水车のタービンを回し,相互作用のなかでエネルギーを生み出す。どうやら,テレパシーのような系がりは,このアナログなメカニズムで同调している时に起こるであろう。作品の详细はこちらからもう一つの作品「明星捕手」には优しくも胧げな梦物语が描かれる。友人の子と,窓を通りすぎる夕日をつまんで游んだ时间から着想を得たと言う。これらの物语は全て,シルエットとわずかな奥行きを利用し,たった一枚あるいは数枚の纸の上で缲り広げられる。わずか数マイクロミリメートルの厚さの纸に,すべてのドラマを受け止め伝达するキャパシティと可能性が秘められているとは惊叹だ。なぜそんな事が可能なのか。それは,纸が有机的な存在であることに秘密があろう。思考とコミュニケーションが有机的に形成される様を见たように,生物学的エネルギーが人间と纸のアートの间で相互作用しているのだ。纸が触媒として芸术家と芸术を,また芸术と私たちを结びつける。作品の详细はこちらから日本を拠点に活跃する百鬼丸は,これまでに1万点以上の作品を手がける多作の切り絵作家として、侍たちを21世紀の世界に紙で躍動させてきた。彼の描く線にはまるで日本刀のような切れ味の良さが際立つ。日本の歴史小説の表紙デザインを多く手がける彼のモチーフは、武士や忍者が活躍していた時代のものが多く、その大胆な構図は、浮世絵の躍動感とマンガのキャッチーさを併せ持つ。これらの要素と、生き生きとした人物描写が相まった彼の作品には生命力が溢れている。有機的な紙にその生命を宿す包容力があることは言わずもがなである。 作品の詳細はこちらから 彼の作家活動は、作品と同様にパワフルだ。平面・立体の切り絵アートを制作するだけでなく、テレビ出演、日米仏での展示会、そして興味深いことにライブで切り絵パフォーマンスも行うと言う。彼の武者デザインが施されたマスクも販売されているそうで、ウィズコロナ時代には頼もしい限りだ。百鬼丸は大学で建築を学び、その後陶芸の修行をしたりと、まるで浪人侍のようなキャリアを歩んできたやも知れぬ。しかし今、日本切り絵界の先鋒として自らのキャリアを切り拓き、後進に道を描き示す。 https://www.youtube.com/watch?v=yDVpG4p948E&feature=youtu.be TRiCERAでは今後もアーティストの情報をお届けしていきます。切れ味鋭い知見や味わい深いコラムをもっと読みたい方々については、ArtClipニュースレターの登録をお忘れなく。

大多数读