月曜日, 3月 15, 2021
标签 雷竞技官网网站

标签:雷竞技官网网站

户外なな万能;家で愉しむ抽象画pt.2

抽象絵画によく聞かれる”美術館やギャラリーの壁には良いけど,自宅には向かなさそう”という偏見とは裏腹に,実は,あなたの部屋をテイスト良く飾るのにはうってつけのアートである。単体だとやや難易度高めに見えがちなアブストラクトだが,部屋との調和を図るのは具象的な作品よりもとても簡単だ。一度実例を見れば,お気に入りの作品を自宅の壁に掛ける日常を瞬時に想像できるであろう。ほら,この通り。(写真や説明をクリックで詳細閲覧へ)まだ納得行かない方の為に,もちろん実例写真は更に用意してある。こちらからシリーズのpart.1をスクロールして頂きたい。未定義の真実を求めて;家で愉しむ抽象画——前編パート1を読んだなら,知的な存在として人類が,万事に説明を求めることを理解されたであろう。だからこそ”未知のもの”や”説明のつかないもの”に史上疑問を抱き,空想してきた。そして今,その探求は現代美術へと変貌を遂げる。抽象芸術の万能さ。抽象芸術が理想的なホーム・デコレーションである理由はたくさんある。例えばひとつ,抽象画は具象絵画のように,それ自身や,その部屋を定義しないと言うこと。ホテルの部屋に飾られている絵や写真のイマイチな趣味を批判した経験は誰でも少なからずあろうかと察する。それは,その特定の何かがあなたの好みではなかったから。一方で,抽象的なものの理解と好みは抽象的である。なんやねんそれ,と突っ込みたくなるようなこの理由が大いに寄与して,どんなテイストのどんなスタイルの部屋にでも,意外と不自然なく飾ることができるのだ。 自分の好みに自信を持って!...

未定義の真実を求めて;家で愉しむ抽象画——前編

空想する存在として望遠鏡で,宇宙の神秘を発見すべく空を見上げたことはあるだろうか。子供たちが,何でもかんでも”なぜ”と聞いて止まないように,我々人間は好奇心がやたら強く,想像力が異常に豊かである。ほとんどの文明では,神々もしくは,その不在を追い求め,又,空一杯の星空に描かれた絵を見上げ,宇宙人がいるか否かを議論する。かつて,地球は平らで,海水はあの世に流れ下ると信じていた我々を駆り立てるものとは。それは”,未知“の”説明がつかない”何かへのファンタジーである。家庭での不思議探究今やアートは,宇宙人の存在のように,私たちが必ずしも理解し得ない稀有なものに成長した。それこそが,多くの人にとって現代アートを価値あるもの,興味をそそられるものたらしめる理由の一つでもある。日々の生活に刺激を与えながらも,家族や来客者にもリラックスしてもらえる中立的な雰囲気を演出したいのなら,種々の芸術手法の中でも,抽象画の購入がお勧めである。抽象さに不確かな真実を探求するのに飽きは来ず,他者もその美しさに安らぐことができる(いや,一緒に探究参加なら尚嬉しい)。今回は,安雅抽梗机の抽象アート作品を例に挙げ,抽象絵画と家との相性がいかに優れているかを紹介しよう。次回はもっと多くのアーティストを取り上げる予定だが,その間,“アートを自宅にコーディネートするコツ”を予習復習したい読者の方々はこちらをご一読あれ。自宅にアート~お洒落な飾り方簡単ガイド~いかに上手く馴染んでいるか見て取れることだろう 最も簡単なテクニックは、ひとつの色をあなたの 部屋もしくは家具から選び、アートとマッチすること すると、あれま素敵! 作品詳細は画像をクリック! ため息の出るディテールも自宅で愉しみ放題 和室に抽象画は合わないなんて誰が言った? ペアだとより一層奥ゆかしい! もっと楽しい発見が欲しい貴方、是非ニュースレターのご購読をお忘れなく。

スカルにみる現代の“死”

 ”メメント・モリ”。ラテン語で「死を思え」「自分が死ぬということを忘れるな」を意味する警句である。  時勢によってあらゆる解釈がなされてきたものの、我々人間に多くの示唆を与えてきた。そのメッセージはテキストだけでなく、時にはペインティングといった芸術の世界で表現された。  その際、主役となったモチーフは直接的に死を想起させるスカルである。宗教画や歴史画に比べ、地位の低かった静物画はキリスト教的エッセンスを組みこむことで格を高めた。所謂、ヴァニタスである。それから、数百年経過した現在、現存のアーティストの単作品で最高額となるダミアン・ハーストによる立体《神の愛のために》も主題がメメント・モリである。当作品にもスカルは選ばれている。  さて、死を彷彿とさせるための最上のモチーフは、”メメント・モリ”を忘れさった現代人に新たな示唆を与えているのか。本記事ではスカルを扱う作家を数名紹介しよう。 八田大輔/Daisuke Yatsuda 作家の詳細はこちらから Yutaokuda 作家の詳細はこちらから 鈴木潤/Jun Suzuki 作家の詳細はこちらから

アートで見る夏景色2020 -暑中見舞い後編-

8月最後の週は,多くの人にとって夏の最も感傷的な日々。子供たちにとっては夏休みの終わり,大学の多い街では学生達と共に活気も戻り,親御さんたちは,学校再開前の準備で忙しくする時期。この一週間は,誰もが楽しい夏の思い出に浸り,残された日々を惜しんでいるものだ。プールサイドでのパーティー,それとも”ステイホーム”で安全に過ごす時間,それとも田舎でのリフレッシュ,何があなたのお気に入りだろうか。シリーズ第1部ではそんな夏模様を描いた作品をご紹介した。こちらから软夏天Irina Laube 54 x 54厘米”海と山どっちが好き吗?“この一見無害なように聞こえるが,二極分化をもたらす質問。両方とも近い田舎で育ち,山の稜線と入り組んだ入り江の絶景を誇るカナダのバンクーバーで数年過ごした筆者としては,一択を迫られると途方に暮れてしまう。だが,どうやらTRiCERAアーティスト御贔屓のモチーフは海とビーチのようである。この人気テーマと共に,夏の魅力的な抽象画もご紹介したい。Summer Days by Alexander Levich 35 x 45 cm…

恋の形と色を巡って

 アーティストが取りあげるテーマが壮大であったとして、しかしその創作の源泉となるのは意外にも身近なものであったりする。特に恋と愛などはその際たるものだ。  世界的に名の知れたピカソの《泣く女》もモデルとなった愛人、ドラ・マールや、モネの「散歩、日傘をさす女性」も嫁のカミーユの存在無くして生まれなかった名画であろう。そもそも「恋人たち」という主題は、西洋美術史では伝統的なものであった。  本記事では「恋愛」「恋人たち」という普遍的テーマにアーティストたちがどんな現代的エッセンスを加えているのか。是非ともご覧いただきたい。 Imai Atsushi 作家の詳細はこちらから Tea Ercoles 作家の詳細はこちらから 中村成二/Seiji Nakamura 作家の詳細はこちらから Jose Cacho 作家の詳細はこちらから Delta N.A 作家の詳細はこちらから 奈倉珠生/Tamao Nagura 作家の詳細はこちらから

アートで見る夏景色2020 -暑中見舞い前編-

2020年の夏の風景はいかがだろう。我々の多くは恐らく,今年初めに計画した夏模様から先例の無い奇妙な夏模様に,少なからず調整を強いられたのではなかろうか。筆者の昨夏は,数年ぶりの祖国日本を再発見するのに忙しくし,それ以前カナダでは例年,コンサートと週末のハイキングに勤しんでいた季節である。私の田舎では,夕暮れのサーフィンや梯子酒を楽しむ季節であったものだ。全く,”普通”の夏が恋しくて敵わない。机とコンピューターから逃れられずにいる貴方,暑さにマスクで息苦しくても楽しむべきか,それともウイルスに警戒しお楽しみは我慢すべきか板挟みの貴女,こちらフランスでも皆悩みは同じである。筆者も気がつくと,”夏の絵”を検索し2021年の夏を夢見て現実逃避していた。そんな中見つけた過去,現在,そして(希望的観測)未来の夏景色をアートでお届けしよう。プール際のパーティーが恋しい吗?そんなアナタには”いつまでもパーティー気分でいられるように”と願いを込める高畑愛花の作品がピッタリ。壁にかけるとあの高揚感を再体験できるかも吗?それとも今夏のパーティーはささやかに屋内?同じくインドアを楽しんでいる作家も。日本の夏と言えばお祭りに屋台の焼きそば,かき氷に花火が欠かせないがさて,今年は吗?ここフランスでは,田舎でのバカンスが大流行している。 この作品達がきっと、あなたの心の避暑地として癒しとなったことを願いつつ、暑中見舞い後編のお知らせを。後編では、TRiCERAアーティストに人気のモチーフである海の風景と、季節の抽象画をご紹介致す予定である。気になる方々はぜひ、ニュースレターの購読をお忘れなく!

作品とアーティストの心の距離——ドローイングの魅力をめぐって

 美術にまつわる言葉は膨大な上に、定義の境界が不明瞭である。  ドローイングやその周辺の言葉は特にその傾向を如実に表しているのではなかろうか。  ドローイングは「線画」と訳される。つまり、単色の鉛筆やペン、木炭などで線を引くという行為に重きをおいて描かれた絵を指す。フランス語ではデッサンに当たるドローイングであるが、異なる点を挙げるならばドローイング作品は歴とした作品でも捉えられるということだ。デッサンが対象を正確に描き写すことに念頭が置かれ、絵の練習的側面が前面に押し出されるのに対し、ドローイングは表現の要素が強い。  美術館でもアーティストの技術的・観念的創造プロセスの一旦が垣間見えることから展示されているドローイング。本記事ではドローイング作品10点を紹介し、是非アーティストの本性を探ってほしい。 MATSUMOTO SAYAKA 作家の詳細はこちら 沼田愛実/Aimi Numata 作家の詳細はこちら ボウル太郎/Bowl Taro 作家の詳細はこちら Takashi Fujita 作家の詳細はこちら マーティン・ゼイナー/Martin Zeihner 作家の詳細はこちら

コラージュをめぐる錬金術

 アートの世界では「錬金術」ともいわれる手法、コラージュ。  その方法論的な歴史は深く(本や新聞の切り抜き、身の周りの雑多な物体などを組み合わせる方法)、紀元前200年ごろの中国まで遡ることができるという。  ファインアートの一ジャンルとして確立することとなったのは、20世紀にシュールレアリストを中心に劇的なムーブメントを起こし、同時期に”コラージュ"という言葉がジョルジュ・ブラックとパブロ・ピカソによって作られたことによるだろう。  その後、現在まで途切れることなくアッサンブラージュ、フォト・モンタージュとコラージュ的手法は様々に展開されてきたわけだが、近年ではテクノロジーの発達により新たな分野も産まれた。それがデジタルコラージュだ。本記事では、デジタルコラージュを制作する作家を紹介していく。 上田タカヨシ/Takayoshi Ueda 作家の詳細はこちらから WELCOME BOY 2ND 作家の詳細はこちらから IL VENTO Nakajima 作家の詳細はこちらから 平田尚也/Naoya Hirata 作家の詳細はこちらから soryo 作家の詳細はこちらから

魅惑のミャンマー・アート

“ミャンマー人アーティスト”と聞いて,思い浮かぶ画家がいるとするならば,あなたはよっぽどの美術オタクと言っていいだろう。ミャンマーの現地新聞によると,国内のアーティストは正式に登録されているだけで10000人,非登録を含めても60000人しかいないという。さらに,現在ミャンマーには美術専門の大学はふたつしかない。加えて,国立博物館はあっても公立の美術館はまだ創設されていない。最新のアートに触れるには,民間なり個人運営の小規模アートギャラリーを歩いて回るしかない。アジアは世界各国に比べアートの構造化が遅れているとはいえ,日本からすれば考えられない状況である。玉石混交なミャンマー人アーティストの中から本記事では,河画廊の扱うアーティスト10名の作品を紹介しよう。昂山素季(Aung Thiha作家の詳細はこちらから大为涂涂作家の詳細はこちらから觉林作家の詳細はこちらからKyee Myintt看到作家の詳細はこちらからMaung Aw作家の詳細はこちらから铁道部铁道部作家の詳細はこちらからNann Nann作家の詳細はこちらから倪阿宝U作家の詳細はこちらから塔尔Gyi作家の詳細はこちらからZaw赢得体育作家の詳細はこちらから熱帯,多民族国家,日常生活への仏教の浸透,長きに渡る軍政などさまざまな歴史と顔をもつミャンマーには,とてもユニークな作品を創るアーティストが存在する。本記事を機に,注目していただきたい。

モノクロには色があるのか吗?-鉛筆画とドローイングを中心に-

 1560年代、イギリスの北カンパ-ランドのボロ-デール鉱山で良質の黒鉛が発見された。  その黒くなめらかな性質が注目されて、細長く切り、にぎりの部分をヒモで巻いたり、木で挟むなどして筆記具として使われるようになったのが鉛筆である。  その鉛筆によって描かれるのが、鉛筆画であるが、紙と鉛筆さえあれば作品として成立することからその裾野は広い。さらにその性質から必然、似た作品が多くなってしまうが、反面現代のアーティストは有象無象から突出するため独自の表現を模索している。 本記事では、モノクロから織り成される鉛筆アートの最前線をひた走るアーティストを紹介しよう。 土田圭介/Keisuke Tsuchida 作家の詳細はこちらから ファルク・アダン / Farrukh Adnan 作家の詳細はこちらから クニカタ・サユミ / Sayumi Kunikata 作家の詳細はこちらから 永田治子 / Haruko Nagata 作家の詳細はこちらから 柏倉風馬 / Fuma Kashiwagura 作家の詳細はこちらから フジタタカシ / Takashi Fujita 作家の詳細はこちらから

大多数读