1560年代、イギリスの北カンパ-ランドのボロ-デール鉱山で良質の黒鉛が発見された。

 その黒くなめらかな性質が注目されて、細長く切り、にぎりの部分をヒモで巻いたり、木で挟むなどして筆記具として使われるようになったのが鉛筆である。

 その鉛筆によって描かれるのが、鉛筆画であるが、紙と鉛筆さえあれば作品として成立することからその裾野は広い。さらにその性質から必然、似た作品が多くなってしまうが、反面現代のアーティストは有象無象から突出するため独自の表現を模索している。

本記事では,モノクロから織り成される鉛筆アートの最前線をひた走るアーティストを紹介しよう。

土田圭介/ Tsuchida圭佑

ジュリアン
59.5 x 45.8厘米

作家の詳細はこちらから

ファルク・アダン/ Farrukh Adnan

开始结束- 1
66 x 81.3厘米
Vista - 1
20.3 x 20.3厘米

作家の詳細はこちらから

クニカタ・サユミ/ Sayumi Kunikata

カタチ
50 x 60.6厘米

作家の詳細はこちらから

永田治子/春子经营

無題
h38.6厘米xw60.3厘米xd3厘米

作家の詳細はこちらから

柏倉風馬/ Fuma Kashiwagura

没有身体
H 18厘米xw 14厘米xd 0厘米

作家の詳細はこちらから

フジタタカシ/隆Fujita

裸婦# 1
H 52.5cm x W 41cm x D 2cm

作家の詳細はこちらから

还没有评论

留下一个回复

您的电子邮件地址将不会被公布。

raybet竞猜