現在の静岡県と山梨県の間に聳える世界遺産「富士山」。

 日本一の高さを誇るこの山は古来より、神仙が宿る山として崇められていた。それは、日本一の山であると同時に、圧倒的に美しい稜線を誇っているからに他ならない。また一方で、噴煙を上げる火の山として畏怖の念を抱かせる存在だったことも一つの要因だろう。

 さて、周知の通り富士山は日本画でも人気の題材であった。しかし、現在でもただの自然の一部ではなく、一つの山に宗教性、芸術性を見出してきた日本人の自然観や文化観は衰えていないようだ。本記事では富士山を描くアーティストを紹介する。

中岛健太/中岛健太

富士-Ver.Blue
18.5 X18.5厘米

作家の详细はこちらから

やまゆりの/里诺雅玛

富士,空のバスローブ
41 X53厘米

作家の详细はこちらから

麻生彩花/绫香麻生太郎

“和”赤富士
72.7 X60.6厘米

作家の详细はこちらから

YUKIMI

富士の縁
55.5 X55.5厘米

作家の详细はこちらから

高桥浩规/高桥广树

月光富士
45.5 X60.6厘米

作家の详细はこちらから

松崎大辅/川井大辅

富士山的宇宙36views
31.8 X41厘米

作家の详细はこちらから

河合眞平/心平河合

富士山和东京
136×50cm的

作家の详细はこちらから

deTaka

富士梦
30 x 42厘米

作家の详细はこちらから

 同一のモチーフでいえば、富士山以上長い間繰り返し描かれたものはないのではないだろうか。しかし、それでも飽きがこないのは日本画誇る美しき霊峰とアーティストのなせる業なのだろう。

暂时没有评论

发表评论

您的电子邮件地址不会被公开。

raybet竞猜