星座の歴史は今から約5000年前にまで遡るという。

メソポタミアの羊飼が星空を見上げながら,星々を結び作られたというそれは,古くから我々人類が宇宙に漠然と惹かれてきたことの良い証拠だろう。

アートにおいても星空や星座を題材としたものは散見されたが,今やアポロ11号の月面着陸から50年以上。サイエンスの力によって,宇宙の秘密が徐々に解き明かされつつある今,宇宙を題材にした作品もまた変化したのか吗?

内藤博信/ Hironobu Naito

日本人に限らず,また人間の今昔に関わらず,ひとは月に心奪われてきた。内藤は月に憧憬する人間の心情を,岩絵具で叙情性たっぷりに描く。

導(しるべ)
76 x 57.7厘米

彼は,ふと見上げた空に月が輝くのを見たときに,自分の生きてきた時を振り返り,心の“静”寂を感じるという。粗めの絵具を用いて描かれる青い月は鑑賞者に穏やかな静寂が訪れるだろう。

蓝色的月亮
116.7 x 91厘米

作家の詳細はこちらから

椛田ちひろ/中Kabata

黒色ボールペンでインクジェット紙などの上に不定形なかたちを描くことで知られる椛田。ボールペンの動きは繊細かつ力強く様々な対象を描く。

見知らぬ惑星,オーロラ
90×90厘米

宇宙に点在する惑星は,観察されるものから人間のイマジネーションの加工を施すことによってアウトプットされてきた。しかし,椛田の“惑星”はとても存在し得ないと思われるような抽象的な形状をしている。しかしその観念的とも言える表現には”見知らぬ”こその未知の魔力潜んでいる。

見知らぬ惑星,トランタ
90×90厘米

作家の詳細はこちらから

前川奈緒美/ Maegawa餐馆拿俄米则

前川は星の性質,自分の創作を同一化させる。

まだ見ぬ宇宙のその先は,人の心に似ている気がする。
100x40厘米

“星は自身の最期を迎える時に,自身で自分の中枢に向かって物質を破壊し,爆発し,元素を撒き散らし,その存在が消えるらしい。私自身,自分の中枢,わたしを知りたいと想い続け絵画を描いている。”“すべては繋がっている。”と語る前川の作品はエネルギーに満ち満ちているようだ。

オイルバー(油絵の具と蜜蝋で固めた物)や時に自身の手指も筆の代わりに使用し,身体とキャンバスの一体化を図る。

この広場に居る。宇宙という無限の。物語は始まっている。
53×53厘米

作家の詳細はこちらから

宇宙は言うまでもなく広い。広さが分からないくらいに。科学がいくら育とうと,少なくとも今現在,その全てなど知り得ないかもしれない。しかし,だからこそ,今後も人類最大の浪漫であり続ける宇宙に想いを馳せずにはいられない。

还没有评论

留下一个回复

您的电子邮件地址将不会被公布。

raybet竞猜